旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

基本的な生活技術の習得 自分の面倒は自分で見る

ノンカテゴリ

基本的な生活技術の習得 自分の面倒は自分で見る
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

基本的な生活技術の習得

基本的な生活技術の習得
「基本的な生活技術の習得」これも子どものキャンプの重要な活動、プログラムの一つです。
特に小学生低学年を対象に実施するキャンプでは、必ずプログラムに盛り込まれます。



ただ他のプログラムのように、何日目の午前、午後、夜というように、時間を限って取り入れるプログラムではありません。
キャンプの大きな目標として、キャンプカウンセラー(グループを担当し、24時間グループの子どもと行動を共にするスタッフ)による1日24時間にわたっての指導が続くのです。


自分の持ち物の準備は自分でしよう

自分の持ち物の整理は自分でしよう。
これも子どもたちにとっては、大きな課題の一つです。
グループのメンバーが、お互いに生活の場をきれいに保つというテーマがあります。
そのためには、それぞれが自分の荷物を自分の責任で整理することが求められます。

事前打ち合わせ会からキャンプは始まります

事前打合会からキャンプが始まります。
保護者同伴の事前打合会で、グループ分けが発表されます。
各グループ担当のキャンプカウンセラーが紹介されます。
同じグループ仲間と、初めて顔合わせをするのです。



キャンプに参加する前に、持ち物には必ず名前を付けるようにと指示があります。自分の荷物は自分でパッキングすることも、参加前の各家庭での課題です。一目見て、これは自分のシャツかどうか、自分のタオルかどうかなどが判断できなければなりません。忘れ物がないかどうかの確認も、自分でするように指示されます。


生活のための作業もキャンプの重要なプログラム

生活のための作業も、キャンプの重要なプログラム キャンプ生活に使用する寝具の整理整頓も、子どもたちは自分で行います。
青年の家などで畳の上に寝るのなら、布団を敷いたり畳んだりの作業になります。
コテージやテントなどを利用するキャンプでは、毛布やシェラフ(寝袋)の整理します。
シェラフ用のシーツの扱いを、キャンプカウンセラーに教わって覚えます。



小さな子どもにとっては、大きな布団や毛布を一人で畳むのは、骨の折れる作業です。
グループの仲間と二人づつチームを組んで作業を進めます。部屋やコテージ、テントなどの清掃は、それぞれが役割を分担して実施します。

仲間と力を合わせる経験を積む

子どもたちがお互いにどのように力を合わせて、寝具の整理や部屋の清掃を進めるかを見守り、彼らを側面から助けるのが、キャンプカウンセラーの仕事です。
Tシャツや靴下などの洗濯も、子どもたちは自分でします。


子どもたちにとっては、自分の面倒を自分で見るという、日常の生活ではあまり経験したことのない作業です。
しかし、グループの仲間と一緒に整理をする、清掃をするという同じ経験をお互いに分かち合うことに、次第に喜びを感じるようになリます。


子どもたちは、仲間と力を合わせることによって、楽しみながらこれらの作業を進めます。


仲間と力を合わせて成し遂げる喜びと楽しさの意味

楽しみの内容と意味
「楽しんでいるかい?」と子どもに聞いてみましょう。
「はい。楽しんでいます」
「楽しいですよ」このような答えが返ってくるでしょう。


子どもたちが楽しく感じていることがわかります。
彼らが楽しいと感じているのは、キャンプで実施されるプログラム活動の数々であることも、その一つです。


しかし、ここで見逃してはならないことがあります。
上に述べたように、自分で自分の面倒を見る。これは彼らにとって初めての経験かもしれない。
初めてやってみてできた。この経験は大きいです。



自分ではできないと思いこんでいた、または「小さい子どもにはまだ無理だ」と親の一方的な判断で、やらせてもらえなかったこともあるでしょう。家庭では親がやってくれて当たり前だと考えていたことが、自分の力でできた。
やればできるという経験を通して、自分に自信を持つことができた。
子どもにとって、これほど大きな喜びはないでしょう。


グループの仲間と力を合わせて、部屋の整理、清掃や食事の準備、後かたづけなど何事もやり遂げる。
グループの仲間との経験を分かち合う。
これも子どもたちにとっては、大きな喜びであり、楽しさの一つです。



一緒に生活する仲間と力を合わせて、物事を成し遂げるには、お互いに相手の気持ちをわかろうとする気持ちがなければなりません。
相手に対する気遣いや思いやりの気持ちを、子どもたちは知らず知らずのうちに身につけることができるのです。
それと同時に、相手との接し方も身につけることができます。


自分を仲間に理解してもらう。
自分も仲間についての理解を深める。
グループメンバーの間に、同じ仲間だという意識が育ちます。
自分も仲間の一人として受け入れてもらう。


子どもたちにとっては大きな喜びを感じる一瞬です。




*ここで言うキャンプとは、 教育的な意図を持って行われる組織キャンプを指します。


キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法