5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

子どもの良い手本になるように、お父さん、お母さんへのメッセージ

ノンカテゴリ

子どもの良い手本になるように、お父さん、お母さんへのメッセージ
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

子どもは指導者を手本として見習います

子どものキャンプでは、キャンプカウンセラーを初めとするキャンプスタッフが、食堂のおじさんやおばさんに「おはようございます」「いただきます」「ごちそうさま」「おいしかったですよ」と挨拶をし、声をかけています。
お互いに笑顔でやりとりしています。


彼らにとっては、身に付いた自然な動作です。
すると、キャンプに参加した子どもたちは、同じように食堂のおじさんおばさんに声をかけます。
「おはようございます」「いただきます」「ありがとうございます」「残さず食べましたよ」




実は、私が野外活動センターの所長として赴任した時に職員研修を一からやり直したのです。


大学生のボランティアスタッフが施設の運営にも携わっています。また子どものキャンプでは、彼らが参加者の子どもたちと共に生活しながら、指導に当たります。


大学生のボランティアスタッフの手本となるのは、施設の職員です。彼らの行動が大学生スタッフの手本としてふさわしいかどうかを点検しました。欠陥だらけだと私は見抜いたのです。


例えば、食堂のスタッフは施設側からすれば下請け業者です。年配の調理師やスタッフに対する施設職員の態度や姿勢、言葉遣いなどは見苦しいし、聞きずらいものでした。


青少年育成団体でありながら、前任者が青少年育成について、ましてや指導者育成について無知だということです。
まるで行政と下請け業者の関係がそのまま持ち込まれていたのです。


職員の教育から手を付けました

職員の態度を変える、行動を変える、言葉遣いを変える、それ以前に彼らの意識を変える、それは大仕事でした。


じっくりと取り掛かりました。そして青少年育成の専門家集団に変身させたのです。


外部からは「所長が代わってから、職員が変わった」と嬉しい言葉を聞くようになりました。


大学生ボランティアスタッフの良き手本になるのが施設職員です。施設職員を手本として、ボランティアスタッフが育ちます。
ボランティアスタッフを手本として、キャンプに参加する子どもたちが育つのです。



子どものキャンプの準備は、実は職員の育成から始まるのです。

お父さん、お母さん子どもの手本と自覚していますか?

各家庭ではどうでしょう。お父さん、お母さんの行動が、態度が、ちょっとしたしぐさや癖まで、言葉遣いや表情までが子どもたちの手本になります。

お父さんやお母さんに、そこまでの自覚があるでしょうか。
子どもの手本として恥ずかしくない態度が身についているでしょうか。


お父さん、お母さん、子どもの手本と自覚していますか?

各家庭ではどうでしょう。お父さん、お母さんの行動が、態度が、ちょっとしたしぐさや癖まで、言葉遣いや表情までが子どもたちの手本になります。

お父さんやお母さんに、そこまでの自覚があるでしょうか。
子どもの手本として恥ずかしくない態度が身についているでしょうか。

学校教師の実態は・・・

それに比べ、学校の教師は常に無表情です。
挨拶ができません。
他人に声をかけることなど、考えもしないのです。
食事ができれば、それでいいと考えているのでしょうか。


野外活動センターの食堂といっても、下請けの給食業者ではないか、なぜ彼らに挨拶しなければならないのか、声を出すと損だとでも教師は考えているのでしょうか。そのように考えざるを得ないように、受け取れるのです。



これは、ごく一部の学校を指して言っているのではありません。
毎年、野外活動センターへやってくる中学校が約60校、私が勤務していた10年間、合計約600校すべてに共通して見られた光景です。



教師がこのような態度だと、生徒は教師をそのまま見習います。
教師と同じように振る舞います。
無表情のまま、黙ってカウンターから食事を取り上げ、テーブルへ運びます。
返却口へ食器を返すときも、無表情で黙ったままです。


家庭で親が教える「人としての基本的なマナーと挨拶」

「ありがとう」「いただきます」「ごちそうさま」などの挨拶は、子どもが話し始める時点で、各家庭で親が教えるはずの、「人としての基本的なマナー」です。
言葉を教えると共に、他人に対する接し方や関わり方の基本として、しっかりと教えなければなりません。



アメリカの家庭では、子どもが話し始めるとまず教える3つの言葉があります。
「Excuse me」「Please」「Thank you」です。
この3つの言葉は、マジックワードと呼ばれています。
自分と他者の関係を深める言葉と言えるでしょう。



相手がたとえ自分の親であろうと、「Excuse me, Mom」と呼びかけます。
「Milk,please」、そして「Thank you」と礼を述べます。
「please」を子どもが言い忘れたとしましょう。母親は必ず子どもに問い返します。
「あなた、今何と言ったの?」「please」と子どもが付け加えます。
「わかったわ。ミルクね。はい、どうぞ」



この3つの言葉が、しっかりと子どもの身に付き、彼らが無意識に使えるようになるまで、親はこのようにして、根気よく子どもにつきあいます。
この3つの言葉を、使うべきところできちんと使えるかどうかが問われるのです。



アメリカの幼稚園や小学校の教室に、この3つの言葉を張り出してあるのを目にしたことがあります。
各家庭で躾の一環として親がきちんと教え、幼稚園や学校で保母や教師がそれを補完するのです。


自分と他者、その違いを知る この3つの言葉を覚えるプロセスを通して、子どもたちは自分と他者との関係を確認することができるようになります。
また、言葉を使って他者と触れ合う経験を積むことによって、たとえ親や兄弟であっても、それぞれが違う存在であることを確認するのです。


アイコンタクトなしで、声だけはないですよね

ファミリーレストランやコンビニエンスストアなどで、最近は店員が「いらっしゃいませ。こんにちは」と声をかけてきます。
「ありがとうございました。またお越しくださいませ」と言って客を送り出します。



しかし、ほとんど全ての店で、まったくお客の顔を見ないで、相手の目を見ないで声だけを出す場面が多いです。
マニュアルにあるから、そのように言いなさいと教えられるから、声だけは出しておこうというのでしょうか。
サービス業に従事する者として、これほどお客を馬鹿にした態度はないでしょう。



挨拶は、お互いに相手の存在を認める言葉のかけ合いです。
形だけではなく、心のこもった一言の挨拶が、相手と自分との距離を縮めることを覚えておきたいものです。


http://blog.livedoor.jp/kenm25/

藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録